MENU

CLOSE

ふきとり化粧水で毛穴ゼロへ

ふきとり化粧水で毛穴ゼロへ

243views

カテゴリ:体験談

学生時代から運動が好きで、周りの友達が美容に気を使う中、そんなのお構いなしで部活を続けていました。外の部活でしたので、中学生から日焼け止めをしっかりしていた友達に「ケアした方がいいよ」と何度も言われていました。

特に気にもせず肌もそんなに悪い方ではなかったので、言われても「大丈夫だよ」と言い返していたのを覚えています。しかし、高校生になりだんだんと美容にも興味が出てくると焼けた肌やいつの間にか出来ていたほくろ、日焼けでカサカサの腕などが気になり出してきました。

じっくり鏡を見てみると、鼻の頭は黒ずみだらけ。これはどうしたら取れるの?と考え出した頃には中学生の自分を恨むようになっていました。中学生からケアを!と言ったら笑われるかもしれませんが、日焼け止めをしっかりつけていた友達の肌はモチモチで、色白のとてもかわいい子になっていました。ティーンズ雑誌を読み、読者モデルさん達がやっていた黒ずみパックを試してみたり、姉や母のお高めの化粧水を借りてみたりしましたが、黒ずみはいっこうになくなりませんでした。いじり過ぎてしまい、そこからニキビに悪化なんていうこともしばしばありました。

どうしたらキレイになるのか、お高い化粧品のスタッフさんに肌診断をしてもらったりしましたが、やはり勧められるのは高校生には到底無理な金額のものばかりで、ほぼほぼ諦めていました。そんな時に友達に化粧水でパックしてみたらどう?と勧められて、いつものスキンケアの時間を長めに取りコットンパックをしました。

コットンを少し水で濡らし、化粧水を含ませてパックするだけです。もちろんすぐには結果は出ませんでしたが、徐々に効果は表れている感じがありました。黒ずみが少し薄くなった気がしました。乳液もコットンで丁寧につけて、乾燥しないようにも気をつけました。やがて社会人になり、日々の忙しさでだんだんとスキンケアを適当にしていたら、また黒ずみが気になり出してきました。

その時に化粧品屋さんに勤めていた友達から「リサージのディープクリーンローション」(薬用化粧水)を勧められ、使用する様になりました。使用方法は簡単で、洗顔後にコットンにローションを湿らせて気になるところをふき取るというものです。きちんと洗顔していたつもりでも汚れは結構残っているもので、コットンには汚れがついていました。ふき取り後はいつもの様に化粧水と乳液をつけるだけです。本当に簡単で忙しい時にでも出来ます。汚れをきちんと落とすことで、毛穴もいつの間にか気にならなくなりました。でも、続けることが何よりも大事です。ぜひお試し下さい。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事