MENU

CLOSE

小鼻の黒ずみケア

小鼻の黒ずみケア

175views

カテゴリ:体験談

22歳です。昔、3歳頃の時に転んで、コンクリートで鼻の皮膚がズル剥けた事がありました。幸い小さい頃だったので皮膚の治りが早く、今は完治しています。

幼少期に怪我をして以来ずっと鼻の表面がテカテカしていたのですが、中学の頃に親が鼻の角栓を指で押し出してるのを見て、角栓が沢山毛穴から出て来るのが面白くて、それ以来私も鼻の角栓を指で押し出すようになりました。高校生くらいで化粧を始めて、きちんとしたケアを知らないままだったので汚れが蓄積され、徐々に鼻の毛穴が黒ずむようになりました。

黒ずみは化粧をすればカバーが出来る程度ではありますが、毛穴はほとんど開いてしまっていて、そこから皮脂などが浮いてしまって鼻がテカりやすくなりました。鼻のデコボコ隠しに良い化粧品を探しては試しての繰り返しで、18歳の頃にやっと見つけた化粧品がフォーミィから出ている、イチゴ鼻薬用塗る油取り紙という商品です。この商品は鼻に塗るとサラサラしていて、長時間化粧をしていても皮脂が浮かないのと、毛穴も一緒に隠してくれて、下地をした後につけてからファンデーションを乗せるようにしています。値段もコスパもなかなか良くて重宝しています。

次にスキンケアの時に私が実践しているのが、綿棒に赤ちゃんが使うベビーオイルを少し付けて、鼻の表面を優しくクルクルとマッサージしながら汚れを落としています。あまり強くやりすぎると皮膚に負担がかかるので、1回2~3分かけてケアしています。ちなみに私はジョンソンのベビーオイルを使用していますが、ベビーオイルは他のベビーオイルでも代用できます。100円均一などでも購入できます。洗い流した後にニベアの青缶を少量手に取り、毛穴を埋めるイメージで薄く塗り、シッカロールなどのベビーパウダーを少しはたいています。1度で黒ずみが解消されるわけではないので、今は根気強くケアしています。

その方法を試してから、少しずつですが毛穴が綺麗になりました。毛穴パックはあまり効果が得られなかったので、私はこの方法でケアしています。お風呂から出た後など毛穴が開いたかな?と思いながらケアしたり、たまに蒸しタオルで温めた後にケアをしています。

私は比較的に毛穴の黒ずみや毛穴の開きはそこまでは酷くはない方なのですが、化粧をしていない時にポツポツしている事が気になってから意識するようになりました。遅すぎたのかもしれませんが、これからも毛穴が1箇所でもなくなることを目標に日々ケアをしていこうと思います。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事