MENU

CLOSE

鼻の黒ずみと戦ってきた歴史

鼻の黒ずみと戦ってきた歴史

157views

カテゴリ:体験談

私と鼻の黒ずみとの戦いは高校生の時に始まりました。今まで色々な情報を得て対処してきましたが、なかなかの強敵で、悔しい思いを繰り返しています。まず知識の浅い高校生の頃に私が手を出したのが、有名なビオレの毛穴すっきりパックです。パックシートに水をつけて鼻に貼り、乾いたら剥がすという商品です。蒸しタオルで毛穴を開かせて試していましたが、パッケージの写真になるようにパックに角線の柱が連なることはなく、皮膚へのダメージを考えると割に合わないと思いました。剥がした後は、鼻が真っ赤になり、皮がむけることもしばしば。続けていれば毛穴が大きくなることが簡単に予想できました。

こちらのメーカー以外にも、剥がすタイプの他に、洗い流すタイプのパックも使ったことがありますが、ほとんど効果がありませんでした。雪塩というパウダーソルトでパックするのも一時的に流行りましたが、毛穴が引きしまる感じはなく、塩の刺激が痛かったです。次に試したのはクレンジングオイルでのマッサージです。これも有名な対処法といわれていますね。入浴時や蒸しタオルで鼻を温め、毛穴が開いている時にクレンジングオイル(場合によってはオリーブオイルを薦めている方もいます)で優しくクルクルマッサージし、角栓を溶かすというもの。

結果的にいうと、私には全く効果がありませんでした。

というのも、私の毛穴は黒ずみは気になりますが、元々毛穴が大きくないのです。毛穴を開かせて…といわれても限度があるので、深い毛穴の汚れが出ていく出口程にはなりません。角栓の汚れは脂質だけでなく、タンパク質で構成され固形なので、よっぽど毛穴が広がらないと意味がないと思います。逆にいえば、元々毛穴が広がっている方には効果的なのかもしれません。

その後も、エステの毛穴対策コースでAHAピール、ダイアモンドピールを試したり、高価な石鹸を使ったりしましたが、満足できませんでした。美容外科にも何度か行き、レーザー治療を受けました。これは一定の効果がありました。しかし効果は一時的で、定期的に通う必要があると感じましたが、1回につき2万の施術を月1回通うのは現実的ではありません。最後にダメ元で試してみた方法が当たりだったので、ご紹介します。

それは「トレチノイン」を使う方法です。トレチノインは、美容皮膚科や個人輸入で割と安価で購入できます。最初は、0.025%程度の弱い濃度のものを薄く塗ることをオススメします。なぜなら、鼻の皮が剥けたり、ヒリヒリするからです。これを塗るとターンオーバーが活発化されるせいか、黒ずみが気にならなくなり、毛穴も小さくなりました!毎日少しずつ汚れが落ちていくと、いつまでもそこに脂カスがいる状態ではないので、酸化しにくく毛穴が黒くならないのだと思います。皮膚が柔らかくなるので、日々のクレンジングも効果的に汚れが落とせるのだそうです。使い始めて2年以上経ちますが、ほとんど毛穴が目立たなくなりました。

トレチノインを塗っている間は乾燥しやすいので、きちんと水分を与えることも大切ですよ。私の失敗の歴史を見て共感してくださった方は、ぜひ一度試していただきたいと思います。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事