MENU

CLOSE

鼻の黒ずみ お家ケア

鼻の黒ずみ お家ケア

156views

カテゴリ:体験談

洗顔後やお風呂上がりに鏡で自分の顔を見て、ギョッとしたことあります。小鼻の黒ずみが気になり始めたら、もうお出かけどころではなくなります。そんな時でも、自宅にあるもので簡単黒ずみケアができます。私が試したもので続けることができそうなケア方法をいくつかご紹介します。一つ目は、どのご家庭にも必ずある砂糖を使います。砂糖だけでは粒の刺激が強すぎるので、オリーブオイルか温めたワセリンと混ぜ合わせます。

ワセリンは、全部溶かさなくてもゆるくなればOKです。まずはホットタオルでゆっくり顔を温めます。お風呂上がりだと毛穴が開いているので楽チンです。黒ずみが気になる小鼻を中心に、先ほどの砂糖とオイルを混ぜたものを塗ります。じっくり優しく載せるイメージで。強くこすってはいけません。一緒に頬の毛穴の汚れも落としてしまいます。5分ほど置いたら、ぬるま湯を手に取って顔をゆすぎます。シャワーを直接当てない事がポイントです。

二つ目は、酒粕を使います。スーパーでも買えるので手軽です。酒粕は、最初にレンジで10秒~20秒(量によるので、様子を見ながら)温めて柔らかくしておきます。ぬるま湯を少しずつ足し、指で酒粕をつぶしながら溶かしていきます。この時、水っぽくし過ぎないのがポイントです。ハチミツを少し入れるとしっとりの効果もアップします。それを、黒ずみが気になる部分を厚めに顔全体に塗ります。5分~10分置いてから、お湯でゆすぎます。排水溝がつまらないように注意してください。

酒粕を使うと小鼻がキレイになるだけでなく、お肌も柔らかくしてくれるので、お手入れをする事が楽しくなります。塗ってから時間を置くので、湯船に浸かりながら行うと効率的ですね。黒ずみが気になるときは、ゴシゴシこすらずに優しく触れる程度が良さそうです。ゆすいだ後は化粧水を押さえるように付けると、冷却効果もあり毛穴が閉じます。

その後は、乳液や美容液で整えます。これらは、即効性もありますし、お気に入りの方法を週に一度くらい目安に行うと、毛穴の汚れが気にならなくなります。決して高い化粧品を使う必要はありません。身近な物で手軽に行えるので、思い立ったときにケアができて、面倒くさがりな方でも継続できそうです。私はこの方法でケアしてからは、鼻の周りや頬までも傷めてしまう強力な鼻パックともさよならできました。鼻の黒ずみの悩みは、ケアする楽しさに変えられそうです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事