MENU

CLOSE

10年近く鼻の黒ずみに悩まされました。

10年近く鼻の黒ずみに悩まされました。

337views

カテゴリ:体験談

19歳の大学生の私は、小学校の頃からいちご鼻の悩まされていました。はじめは、小鼻のあたりが黒いかな…くらいにしか思っていなかったのですが、日に日に鼻の頭にもぷつぷつと黒ずみができてきて、中学2年の頃には鼻全体が黒ずんでいってしまいました。

化粧をするにもカバーできないし、毛穴が隠れる!と記載されているものを買っても全然隠れないし、ずっと悩んでいました。まず一番初めに試したのは、「ビオレの毛穴すっきりパック」でした。月に1~2回お風呂に入った後、毛穴が開いているときにパックをするようにしました。黒いパックだとごっそり角質が取れているのが見られるのでとても気持ち良かったです。

ですが、使用してから約2年近くが経ったとき、鼻だけでなく頬のあたりにもソバカスのように黒ずみができていくようになりました。そこはちょうどパックをしているところでした。パックが原因なのかは定かではなかったのですが、使用をやめました。それに気づいてから次に試したのは、「白色ワセリン」でした。お風呂でしっかり洗顔をして、その後にワセリンを塗って、そのまま寝る、起きてからもう一度洗顔して、しっかりと保湿するというものでした。

はじめの3ヶ月は変化という変化は感じられなかったのですが、コツコツ続けていると、徐々に頬の黒ずみがなくなってきていました。ですが、問題の鼻の頭や小鼻は解消されないままでした。ならばパックとワセリン、両方同時でやってみようと思い、ダメ元でやってみたところ…効果大!みるみる黒ずみはなくなっていきました。お風呂に入っているときにパックをして、完全に乾ききる前にパックを剥がす(乾燥させすぎは良くないらしいです)、そのあとワセリンを塗って寝る、起きてから洗顔をして保湿という手順です。やり過ぎでは?という意見も多々ありましたが、私の鼻の黒ずみは遺伝ということもあり、とても頑固でした。

なのでここまでしてやっと効果がありました。学生だったし、高い美容ケア用品を購入して使って、失敗するのも怖かったので、安く済む方法でと考え試しました。頻度としては、ワセリンのみのケアは毎日、パックとワセリンのケアは2週間に1回程度。それを1年間続けただけで、みるみるきれいになっていき、3年ほど続けてきた今では、、昔の写真からは考えられないほどきれいになりました。化粧をするのもすごく楽だし、すっぴんの状態でもだいぶ自信が持てるようになっています。本当にしつこい黒ずみにお困りの方にはおすすめのやり方です。ただ、黒ずみのケアはやりすぎると悪化してしまう場合もあるので、ご注意ください。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事