MENU

CLOSE

肌の手入れは怠ると大変

肌の手入れは怠ると大変

192views

カテゴリ:体験談

私が行っているスキンケアは自分の肌に合わせ、特に乾燥対策と角質の黒ずみケア、化粧ノリの良さ、こちらの3点に絞ってケアしています。

私の肌はとっても乾燥肌ですので、1晩化粧水を塗り忘れてしまった翌朝は枯渇したような地面みたいに顔にヒビが入る乾燥肌になってしまいます。なので毎晩の化粧水は欠かさないのですが、それにプラスして、特に乾燥する部分のほっぺと鼻に、化粧水で湿らせたコットンを貼って保湿しています。特に私は鼻の頭の乾燥がひどくて、ケアを少しでも怠ると皮が向けてきます。そうすると、ファンデーションを塗った時に思いっきり目立ってしまうのです。

皮をピンセットで取り除けば取り除くほどどんどん剥けてきて大変なことになるので、化粧水を多めに、場合によっては保湿クリームを塗ることもあります。それをするだけで次の日の朝の肌状態が全然違うものになります。また、角質の黒ずみケアは特に鼻の頭なのですが、これは百均で買っている、角質を取り除いてくれる角質取りシートを使っています。

こちらは化粧水で予め鼻を湿らせておき、そこにシートを貼り時間をおいた後剥がすというものです。こちらは百均だからと馬鹿にできず結構取れるばかりか、鼻の産毛まで取り除くことができます。なのでこれを貼るだけで鼻の産毛処理はやらなくて良いのです。とっても便利で愛用しています。もちろんケアした後は化粧水で保湿をわすれずにしています。

最後に化粧ノリをよくするためのケアなのですが、詳しく掘り下げると、顔の産毛処理になります。顔の産毛があるのと無いのでは化粧水ノリが全く違うものになります。産毛は薄くて細くてあるようなないような存在ですが、剃ってちゃんとケアをすると、ファンデーションがビックリするほど伸びます。私が初めて産毛処理をした時は本当に感動して、ここまで化粧ノリが違うのかと驚いたものです。主にI字カミソリを使います。必ず滑りのいいクリームを塗ってから、毛の生えてる方向にカミソリを滑らせます。

毛の生えてる方向というのが結構ポイントだったりします。毛の剃り具合や持ちがいいからと毛の生えてる方向と逆方向に剃ってはいけません、毛の断面が上向きの鋭利な剃り方になってしまい、生えてきた時にチクチクしてしまう可能性があるからです。剃り方に少し注意が必要ですが、定期的に剃って化粧ノリや化粧持ちをよくすることが肌を綺麗に見せる一つのポイントであるかなと私は思っています。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事