MENU

CLOSE

鼻の黒ずみ対策!毛穴セルフケアでパック・オイルを使う時の注意点

鼻の黒ずみ対策!毛穴セルフケアでパック・オイルを使う時の注意点

159views

カテゴリ:未分類

パックをし過ぎると肌に負担をかけることも

いちご鼻の黒ずみ対策として、メジャーなのがパックを使った方法です。角栓を一挙に除去できる場合も多く、爽快感から頻繁に利用する人も多いのが特徴です。ただし、角栓は毛穴の黒ずみの原因になる一方で、肌を守る役割があります。これは角栓がなければ雑菌が毛穴に入り込んで、ニキビの原因となることがあるからです。

また、角栓を頻繁にとりすぎると毛穴の締まりがなくなり余計に毛穴の黒ずみが目立ってしまう場合があります。毛穴の開き方や奥に残った色素が黒ずみの原因となっている場合もあるため、パックだけでは黒ずみをとり切れない場合もあるのです。吸着力が強ければ周辺の肌にダメージを与えてしまうため、より色素が生まれやすくなるなどのデメリットもあります。

角栓除去のためのパックはなるべく避け、美肌効果を期待できるパックを利用するなど使い分けも重要になってきます。美白用のパックの場合は、皮膚の代謝を促し、色素の自然な排出に貢献してくれる場合があります。パックの後のケアも重要なポイントです。成分によっては肌に残り続けるとデメリットになる場合や、皮脂を落とし過ぎてトラブルになる場合があります。

どのようなケアが必要かはパックのタイプに合わせて選ぶ必要があります。角栓除去のパックをした場合はしっかり保湿を行い、新たな汚れや皮脂の分泌を防ぐのが基本になります。美容パックの場合はそのまま休めるものや、軽く洗顔をするだけで大丈夫なものもあります。

角栓の除去は、あくまで角栓が原因の黒ずみか、毛穴の奥の色素沈着が原因かを見分ける手段の一つです。毛穴の開き具合や産毛が原因で黒ずみが目立ってしまう場合もあるため、黒ずみが気になる場合は何が原因かをしっかり把握することが大切なのです。

オイルを使う場合は品質に注意が必要

いちご鼻対策にオイルを使ったスキンケアを行う方法があります。これは皮脂がオイルと混ざりあうことで溶けだしやすくなり、メイク落としなどを使ったクレンジングよりも肌への負担が少ないと言われているからです。多くのメイク落としには界面活性剤が含まれており汚れを落ちやすくしますが、皮膚を保護するために必要な皮脂まで落としてしまいがちです。

ケアのし過ぎが原因で鼻の黒ずみがひどくなってしまう場合があるため、加減も重要になるのです。一方で、オリーブオイルなどを用いたオイルパックであれば肌への負担が軽減されます。ただし、オイルの質には十分な注意が必要で、酸化などが原因で劣化している可能性があります。

食用のオイルは精製がしっかりと行われていないため、不純物が多くかえって肌に負担をかけてしまう場合があります。あくまで美容用のオイルを使うことや、早めに使い切ることが前提になるのです。また、肌に優しいからと頻繁にケアを行い過ぎても肌トラブルの原因となることがあります。これはオイルをふき取る際などに肌に刺激を与えてしまう場合があるからです。

まずは週1回程度を目安に始めてみるのがおすすめです。オイルによるクレンジングは、十分に毛穴が開いた状態で肌になじませ、1分程度を目安に鼻を軽くマッサージする形になります。次にティッシュや脱脂綿を当ててオイルを吸い上げます。毛穴を開かせるために蒸しタオルを使う方法もありますが、肌が弱い人だとダメージの方が大きくなってしまう場合があります。

お風呂上りで汗をかいているタイミングなど、工夫をするのがおすすめです。オイルを拭き終わった後は洗顔を行い、しっかりと保湿するのも大切なポイントです。皮脂が少なくなればそれだけ肌を守ろうと皮膚が脂分を分泌することがあるため、過剰な分泌を防ぐことが重要です。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事