MENU

CLOSE

毛穴の角栓はとる?とらない?毛穴にまつわる嘘、本当

毛穴の角栓はとる?とらない?毛穴にまつわる嘘、本当

133views

カテゴリ:未分類

毛穴の角栓を取り除いてはいけないというのは嘘?適切な処置が大切

誰もが行ったことがある毛穴の角栓取りですが、この角栓を取る行為、取り除いてはいけないという説と取り除いた方が良いという説があります。どちらが正解かというと、角栓は適切な方法を用いて、無理せず取れそうな角栓のみを取るというのが正解です。指や爪でしつこいくらいに毛穴を押して角栓を取る行為は、黒ずみが悪化するだけなので絶対にしてはいけません。

角栓を取り除く適切な方法としては、蒸しタオルなどで鼻を温めてから、オリーブオイルやベビーオイルを鼻に優しくなじませて皮脂を溶かし出してあげるのがコツです。どうしても気になる角栓を押し出したいという時は、指や爪の代わりに綿棒を2本用意して、軽く押しあててスルリと除去してあげるのがオススメです。

この方法で角栓が取り除けなかった場合、深追いせずに肌のターンオーバーを待ちましょう。通常、角栓というのは皮膚のターンオーバーで自然に入れ替わるものなので、無理に角栓を取り除くと皮脂の過剰分泌や黒ずみの原因になってしまいます。つまり角栓は、表面上の簡単に取れるものだけを適切な方法で取り除いてあげるのが理想です。

このような、毛穴や角栓にまつわる嘘や本当の情報が身近な場所に沢山溢れています。ここでは毛穴や角栓にまつわる本当の話をご紹介していきます。

自分の常識が覆る?毛穴や角栓にまつわる嘘、本当

毛穴にまつわる嘘、本当の話をご紹介します。正しい毛穴の知識を身につけて、しっかり毛穴対策をしていきましょう。

意外と多い洗顔後の冷水派、実は冷水で毛穴が引き締まることはない

毛穴が黒ずんでいちご鼻になると、どうしても毛穴を閉じるための対策をしたくなります。そこで考え出されたのが毛穴を引き締めるための冷水洗顔ですが、実は冷水で顔を洗っても毛穴が引き締まることはありません。

冷水で顔を洗うことで血管が収縮して毛穴が引き締まっている感じがしますが、あくまでそんな気がするだけ。冷水で顔を洗うことで、むしろ化粧水の浸透率が悪くなり、乾燥肌の原因になるので、洗顔はぬるま湯が基本です。

ヨーグルトパックや軟膏パックは肌トラブルの元

毛穴を引き締めるために市販のヨーグルトや軟膏を使ったパックが推奨されることがありますが、自己流パックは毛穴トラブルと隣り合わせ。肌の強い人が自己流パックをして毛穴が綺麗になったと言っても、残念ながら全ての人に効果がないのが現実です。特に食品を使う鼻パックは、かえって肌トラブルを引き起こす原因になるので要注意です。

自己流パックに使われやすい材料として、はちみつやレモン、卵、牛乳などがありますが、肌にのせることで痒みやかぶれ、ニキビの原因になる恐れがあるものばかりです。食品は食品、軟膏は軟膏、用途に合った使い方をするのが肌荒れ回避にも繋がります。

毛穴トラブルは皮脂が原因というのは嘘?本当は乾燥が原因?

毛穴の開きや黒いブツブツ、皮脂が原因と思われることが多いですが、トラブルの本当の原因は乾燥にあります。本来、毛穴というのは埃や病原菌が入ってこないように皮脂で守られているのが正常です。

肌が乾燥することで、皮脂の過剰分泌がおこり、肌のターンオーバーが乱れ、毛穴が開いて黒ずみが目立つようになるのです。肌の潤いと柔軟性を保つことこそが毛穴ケアの本道です。

泡洗顔の嘘、本当、泡は毛穴の奥には入れない

洗顔の基本として、良く泡立てた泡で毛穴の奥の汚れを洗い流すと言われることがありますが、毛穴の内部に泡が入りこむことはできません。きめ細かい泡で毛穴の奥の汚れを除去するというイメージは、CMや広告などで使われるようになった毛穴ケアのイメージです。だからといって泡洗顔が悪いわけではなく、泡洗顔の真意を理解することこそが大切です。

泡洗顔の真意とは、毛穴の表面の汚れを綺麗サッパリ洗い落とすことと、ゴシゴシ洗いで肌に負担をかけてはならないということです。結局は、肌への強い刺激と摩擦が毛穴トラブルの元になるので、洗顔はあくまでも優しく丁寧に行いましょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事