MENU

CLOSE

鼻の黒ニキビ対策!潰さず洗顔だけで治す方法は?

鼻の黒ニキビ対策!潰さず洗顔だけで治す方法は?

123views

カテゴリ:未分類

黒ニキビって潰さなきゃダメなの?

そもそも、ニキビって何?

肌荒れの中でも一般的な悩みとしてニキビがあります。顔にひとつあるだけで目立ってしまいますし、特に皮脂の溜まりやすい小鼻のあたりにできてしまいます。そもそも、ニキビって何なのでしょうか?

ニキビは、角質のつまりによって起きた炎症のひとつです。毛穴を詰まらせる角質のことを角栓と呼びますが、この角栓は毛穴の黒ずみやいちご鼻の原因として知られています。

角栓は毎日のターンオーバーで落ちていくのですが、時には毛穴をがっちりと防いでしまうことがあります。それを放置していると毛穴に皮脂がどんどんたまっていきます。初期段階のニキビは毛穴に皮脂がたまってふくらんでいるのです。そこにアクネ菌という細菌が繁殖することで炎症を起こし、化膿します。つまり、最も進行した状態の黄ニキビは膿です。

ちなみに、ニキビに似たもので毛嚢炎という症状もありますが、こちらはアクネ菌ではない細菌によって引き起こされるため、治療に使う薬が異なります。毛嚢炎は頭部や手足にできやすいです。

黒ニキビも角栓です

では、黒ニキビとは何でしょう?鼻を見てみると毛穴に黒いぽつぽつができています。これは、白ニキビが少し進行した状態です。分かりやすく言えば黒ニキビは酸化して黒ずみになった角栓です。角栓の黒ずみは炎症を引き起こしたり活性酸素を発生させたりするので、毛穴ケアのためにも早く対策したいものです。

しかし、重要なのは黒ニキビの段階では炎症はほぼ起きていないということです。その証拠に、白ニキビや黒ニキビは目立っても痛みはないはずです。炎症が起きるのはさらに進行した赤ニキビです。

ニキビをつぶすと何でダメなの?

ニキビが進行すると分かっているなら早いうちに対策したいと思いますよね。しかし、ネットでもテレビでも、人のうわさでもニキビをつぶすのはよくないと言われています。その理由を少し紹介します。

ニキビをつぶすとつぶしたところが傷になり炎症がひどくなる、強い力を加えたことでメラニンが発生しシミになる、ぽっかりと毛穴が開いてニキビ跡になるといったデメリットがあります。よって、ひどくなったニキビは皮膚科に行って治療するのが一番です。

黒ニキビは洗顔で落とせます

とはいえ、黒ニキビは決してひどいニキビとは言えません。皮膚科に行って治すことも有効ですが、日々の洗顔だけで改善することもできる段階にあります。はっきり言えば黒ニキビの対策は白ニキビとほぼ一緒です。どちらも角栓なのですから、角栓を柔らかくして落とせば解決します。

黒ニキビを落とすためには、洗顔の前に鼻を温めます。角栓は角質が皮脂で固まったものなので鼻を温めることで角栓を柔らかくすることができます。蒸しタオルでじっくり温めましょう。

そして、たっぷりの泡で洗顔します。洗顔の際に角栓を落とそうとゴシゴシこすってしまう気持ちは分かりますが、顔の肌はデリケートなので一生懸命こすればこするほど肌はダメージを受け、毛穴の黒ずみは悪化してしまいます。

だからこそ、あえて指の力ではなく泡の力で洗います。泡の力とはすなわち空気の力です。十分にやわらかくなった角栓なら汚れをかき出すことができます。ただし、毛穴に入り込むくらいなので、かなりきめ細やかな泡を作ることが大切です。

それでも黒ニキビが改善しないという時は、肌にやさしいスクラブ洗顔をすることも選択肢となります。スクラブ洗顔を毎日することはかえって肌を悪化させますが、スペシャルケアとして用いるのであれば効果ありです。スクラブ素材は細かくて、柔らかめの天然素材を選ぶことがおすすめです。洗顔後は十分な化粧水で毛穴を保湿してあげましょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事