MENU

CLOSE

鼻の黒ずみ対策に大切なのは洗顔後のスキンケア!汚れを溜めない方法

鼻の黒ずみ対策に大切なのは洗顔後のスキンケア!汚れを溜めない方法

72views

カテゴリ:未分類

洗顔は洗って終わりではありません。その後のスキンケアも黒ずみ予防に大切です

毛穴に汚れをためない洗顔は洗い過ぎなければOK

毛穴のぶつぶつしたいちご鼻の対策をしようと一生懸命鼻をこすってしまいますが、そのやり方ではかえって毛穴の黒ずみは悪化してしまうでしょう。確かに、洗顔後のスキンケアでも毛穴の汚れを防ぐ必要があるものの、毛穴の汚れとして一番気を付けたいのは「古い角質」だからです。

どんな人でも肌が生まれ変わるときに死んだ肌が角質となります。通常はそのまま落ちていくのですが何らかの原因で肌が生まれ変わるサイクルが早くなる人がいます。そのような人はどんどん角質が毛穴に溜まってしまい、大きな角栓を作ってしまいます。しかも、角質を無理に剥いだら、柔らかい肌が出てきます。

そのため、肌のターンオーバーを正常に戻さなければ外からの汚れに対応する意味はないとさえ言えます。よって、洗顔は肌を傷つけないように朝はお湯だけ、夜はたっぷりの泡で優しく洗うことが重要です。

角栓はタンパク質だから泡洗顔は無意味といわれますが、角栓を固めているのが皮脂なので、ある程度の効果は期待できます。鼻を蒸しタオルで温めることも毛穴の角栓対策に効果的です。

洗顔後に気を付けたいのはやはり乾燥

洗顔後に気を付けたいのは乾燥です。肌は潤った状態ではピンと張っていますが、乾燥すると肌が縮んでしまい僅かなひびが入ってしまいます。ひびの入った部分は刺激に弱くなることで痒くなり、見た目もカサカサしてしまいます。乾燥肌はダメージに弱いため肌のターンオーバーも上手くいきません。

また、乾燥肌を治そうと皮脂が過剰分泌することでインナードライと言われる状態になることもあります。そこで、洗顔が終わったらすぐに保湿をします。まず、一番大事な保湿成分は皮脂です。皮脂は肌バリアとして分泌されるものなので、洗顔した後も残っていて問題ありません。洗顔はあくまで汚れと古い皮脂を落とすためにあります。

ここで知っておきたいのは毛穴も乾燥するということです。毛穴の黒ずみは肌が荒れてメラニンが生成されることによって出てしまいますが、乾燥した毛穴の方が黒ずみやすいのは言うまでもありません。

保湿剤は塗りすぎると汚れになります

保湿にはさっぱりとした化粧水も、しっとりとした保湿クリームも良いでしょう。ただ、保湿剤を利用するときに知っておきたいことがいくつかあります。

まず、ヒアルロン酸やコラーゲンは肌に浸透しないということ。未だにそのような広告を見かけますが、本当は顔の表面にとどまって肌を乾燥から守るのが目的です。また、保湿剤を塗るときも手でこすって塗るより、掌に広げてから軽く押すように塗ると摩擦のダメージを減らせます。そして、保湿剤を塗りすぎるとそれが汚れになってしまいます。

保湿剤には油分やたんぱく質が含まれているため細菌のエサになるからです。また、皮膚が呼吸できなくなることもあまり良いとは言えません。あくまでも適量を塗るようにしてください。

収れん化粧水は何でも良いわけじゃない!その理由は?

また、毛穴の黒ずみの原因は毛穴が広がってしまうことにもあります。毛穴が広がると汚れがたまりやすく紫外線にさらされやすいです。その結果引き締まった毛穴よりも黒ずみやすくなってしまいます。しかも毛穴が広がることで大きくなり、黒ずみがさらに目立つのもよくありません。

よって、毛穴が引き締まるまでじっくりスキンケアをします。この際、毛穴の引き締め効果のある収れん化粧水を使うのも良いですが、質の悪いものだとアルコールの力で一時的な引き締めをするだけです。収れん化粧水を選ぶときはしっかりと効果のあるものを選び、敏感肌の人はパッチテストをしてから使いましょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事