MENU

CLOSE

肌荒れと天然塩

肌荒れと天然塩

59views

カテゴリ:体験談

肌荒れの原因は乾燥や老廃物の蓄積等様々な要因があります。肌荒れにはいろいろなスキンケア方法や化粧品等の美容方法もあります。これは外的なスキンケアですが外的なスキンケアでも肌荒れが治る事も多いです。

しかし外的なスキンケアだけではなく内面的にケアすると体質改善にもなりますのでオススメです。内面的にケアをするのに注目されてるのは天然塩です。天然塩は人工的に作られた塩ではありません。海水に含まれてる塩になります。また天然塩をお風呂の浴槽に入れる事によりお湯が冷めにくくなる効果もあります。天然塩を入れる事により発汗作用を抑制する事もできます。日本の水道水は塩素を使って消毒してます。塩素により皮膚や髪の毛が傷つき乾燥したりもするのです。ですので天然塩を入れて海水に近い水質にすることが肌や体には望ましいです。天然塩には塩素を中和して海水に近いお湯にする効果があります。

まず天然塩をお風呂を沸かしたら浴槽に100gの天然塩を溶かして入れると海水みたいなお湯になります。しばらく続けると肌が落ちいて来るのを実感する人が多いです。天然塩で肌をこすりスクラブすると古い角質や老廃物が落ちるのでやってみて下さい。健康な肌の人にはリーズナブルなスクラブ方法です。ですがアトピーや肌荒れを起こしやすい人には塩の刺激が強いですので天然塩のスクラブは控えた方が良いです。

人間の体は約70%ぐらいがお水でできてます。水道水の塩素で消毒されたお水は、塩素が体内に入ると体内の細胞を傷つける可能性もあります。ですので朝起きた時にお水に天然塩を少し入れて飲むかお湯に天然塩を入れて飲むことで体の内面から綺麗になることもできます。海水に近い成分のお水かお白湯を飲む事で体内バランスを整える働きがあります。日本のお水は軟水でマグネシウムやミネラルが少なくなっているので、朝に天然塩のお水かお白湯を飲むと美容にも健康にも良いです。天然塩は様々な産地の塩があります。

一般的な天然塩は、マグネシウムやミネラルの含有量が少ないかほぼ入ってないのもあります。ですがヒマラヤ岩塩は、マグネシウムやミネラルが含まれてます。ほとんどの天然塩は、白色です。しかしヒマラヤ岩塩がピンク色をしてるのはマグネシウムやミネラルが含まれてるからです。肌荒れ対策やスキンケアとして天然塩を使うならできればヒマラヤ岩塩を使うのが望ましいです。食用のヒマラヤ岩塩をご飯に振りかけて食べるのも内面から綺麗になれる美容法です。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事