MENU

CLOSE

鼻の産毛が黒ずみの原因に?覚えておきたい対処法まとめ

鼻の産毛が黒ずみの原因に?覚えておきたい対処法まとめ

202views

カテゴリ:未分類

産毛が原因で毛穴が黒ずんで見えることも

鼻の黒ずみは角栓や汚れだけでなく、産毛が原因のことがあります。産毛は人によって毛質や色に差があり、色が濃い人や太い人が存在するからです。また、産毛自体があまり目立たなくても、影が出来ることで黒ずみが目立ってしまうこともあります。念入りなパックやケアで黒ずみを落としても、すぐに同じ状態になってしまう場合は疑った方が良い場合があるのです。

鼻の産毛はカミソリなどで処理するのが難しいのも特徴です。産毛自体が柔らかく、あまり伸びないために処理が難しい面があります。美容室で処理してくれる場合もありますが、費用が掛かるだけでなく頻度が問題になります。また、カミソリを使った産毛処理は肌にダメージを与え、色素を過剰に分泌する原因となることがあります。

スキンケアのし過ぎや、ムダ毛の処理が頻繁すぎることで肌の奥に色素が沈着し、黒ずみの原因となることもあるのです。処理方法を誤ると状況が悪化することは覚えておきたいポイントです。大切なのが、角栓などを除去した後に産毛が気になるレベルかどうかです。汚れを除去した後も毛穴は残るため、毛穴が開いていると影が出来て黒ずんで見える場合があります。

この場合は毛穴を引き締めることで黒ずみが目立たなくなります。しっかりと保湿をして、新たな汚れが入りづらい状況を作るなど日頃のケアが重要になってきます。毛穴の大きさではなく産毛が原因とわかれば、美容サロンなどで毛穴を小さくするための施術を受ける方法もあります。

ケミカルピーリングを利用して自分で処理をしていく方法もありますが、ピーリングは必ず肌に負担をかけます。短いサイクルで繰り返せば色素沈着のリスクが高まるため、強くこすり過ぎないことや短期間で集中して行わないことなど、配慮が大切になるのです。

いちご鼻対策は時間をかけて行うのが基本に

いちご鼻対策は原因の特定に時間が掛かってしまう場合や、対処に時間が掛かることが多くなっています。例えば毛穴を締めて黒ずみを目立たなくする場合は、余分な汚れが入るのを防ぎつつ時間をかけて治るのを待たなければならないからです。

どの程度の期間が掛かるかは人によって異なり、効果の出方にも個人差が出ます。効果を感じられないからとパックをしてしまうと、かえって毛穴が広がってしまうリスクが生じます。美容クリニックなどで丹念に産毛脱毛をした方が良い場合などもあり、どの程度のサイクルで処理をするか、どれだけ費用をかけられるかでも大きな違いが出るのです。

費用をかけられないのであれば、日頃の生活やスキンケアの方法から見直していくのが基本になります。皮脂の過剰な分泌を避けるために油物を避けることや、代謝のバランスを整えるために糖分や塩分を避け栄養バランスを見直すことが大切です。

睡眠不足も大敵で、ニキビなどが出来れば色素沈着の原因となり、いちご鼻が悪化してしまう場合もあります。身体の内側から代謝を整え、肌荒れを防ぐことが大切です。スキンケアのし過ぎや化粧品の刺激が肌の黒ずみの原因となることもあるため、肌への刺激が弱い化粧品に切り替えていくのも方法です。

石油化学系の保存料が体に合わない人も多く、クレンジングなどが十分に行われていないことで毛穴に汚れが詰まってしまうケースもあります。肌に合った化粧品を使っていても、クレンジング剤が強すぎればリスクが生じます。毛穴を開いて汚れを落としやすくするホットタオルも、あまり温度が高すぎればダメージ源になります。

また、熱によって肌に必要な水分が失われてしまう場合もあります。温度を適切に管理することや、長時間の利用は避けるなど、工夫も大切になるのです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事